応援ポチのお願い


プロフィール

ぼんちゃん2

Author:ぼんちゃん2

大病を患ったためにすでにリタイアした初老の男です。今は韓国語を教えたり、翻訳したりのフリーランサーをしています。連絡先 ⇒tokusan06250727@yahoo.co.jp

ビバリーヒルズ発


【KUROGAMI─AF】

今までにないメークアップアイテム。そっと撫でるだけで肌を活性化させ、リフトアップ効果をもたらす、新時代のコスメティックアイテムです。油取り紙のように使ってください。

日本未公開です

ここだけでしか手に入らない素敵な輸入ランジェリーがあなたに自信と余裕を持たせ男心を魅了します。

見直しの時期

相談だけ!のニーズにこたえます。

最新記事


最新コメント


ブロとも申請フォーム


あしあと


カテゴリ


サイトマップ

Powered by SEO対策

FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、妹が入院した病院に行ってきました。
のどを手術したので、話が出来ず、私の顔を見た妹の目は潤んでいました。
かわいそうで涙が出そうになりました。涙もろいほうなんです。
それを察したのか一緒に来た倅たちが、DVDの話で雰囲気を変えようと一生懸命です。
執刀医の話では、大丈夫だといってますが、やはり心配です。
一時間程居て帰りました。
「思ったより元気だったね」、と倅が言います。
「そうだね」と末の倅も同調します。
でも私には寂しそうに見えました。

今日は、家族全員で、花を買って行きました。
ところが病院に着くと、姉や兄、すぐしたの妹、その子供たちが、大勢来てました。
月曜日からは仕事でこれそうにありませんものね。

70を超えた一番上の姉は、ずーっと涙を流しっぱなしです。
すぐしたの妹に、一階の喫茶店に連れて行けといって、病室の外に出したのですが、
すぐ後に、看護師が見えて、静かにしてくれないかと頼むので、みんなで上の姉を追う形に。
それはそうですよね。
なんと総勢15人、大人がですよ。
小声で話しても15人も居れば、ですよね。
同室の患者さんたちもびっくりしてました。

ということで、図らずも兄弟全員が集まったのです。
ま、こんなことも無いと、ほとんど集まることないですから。
よいことやら、わるいことやら…
スポンサーサイト

テーマ : 健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。