応援ポチのお願い


プロフィール

ぼんちゃん2

Author:ぼんちゃん2

大病を患ったためにすでにリタイアした初老の男です。今は韓国語を教えたり、翻訳したりのフリーランサーをしています。連絡先 ⇒tokusan06250727@yahoo.co.jp

ビバリーヒルズ発


【KUROGAMI─AF】

今までにないメークアップアイテム。そっと撫でるだけで肌を活性化させ、リフトアップ効果をもたらす、新時代のコスメティックアイテムです。油取り紙のように使ってください。

日本未公開です

ここだけでしか手に入らない素敵な輸入ランジェリーがあなたに自信と余裕を持たせ男心を魅了します。

見直しの時期

相談だけ!のニーズにこたえます。

最新記事


最新コメント


ブロとも申請フォーム


あしあと


カテゴリ


サイトマップ

Powered by SEO対策

FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、長男が嬉しいことを言ってくれました
「トーサン、来年になったら仕事しないで好きなことしたら?俺も弟も卒業するから」
そう、二人の倅が来年には大学を卒業するのです。
長男が高校生活をボクシングで塗りつぶしたために一年浪人したのです。
これでも私の長男はインターハイで3位です(威張っても良いですよね?)。
で、嬉しかったんでこう言ってやったのです。
「トーサンが好きなことをやったら月に50万はいるぞ。
研究のために年に3回は韓国、3回は北朝鮮、3回は中国、3回はアメリカに行くだろう、
本を出版するだろう、
英語もやり直すだろう、
中国語も習うだろう、
ピアノもまた始めるだろう」etc
すると
「じゃー、自分で稼いで、家には入れなくてもいいから」
そこで
「ほら見ろ、トーサンの面倒を見るなんて早いんだよー(エヘン)」
と威厳を張ると
「へへ」と払った顔に深いえくぼ二つがクッキリと
あぁ、俺の息子だ)と思いっきり思っちゃいました。(実は私も両頬に深いエクボが出来るんです)
で、気分良くして
「夕飯はすしでも食うか?」
といわなくても良いことを言ってしまい、「あっ」と思ったが、遅かりし由良助
結局次男が紛れ込み、仕事からまだ帰ってこないばあさんと娘を置いてすし屋に直行。
ところが、すしを食べながら次男の
「かーさん、どうする?」の声に
長男が「トーサンの商材あげればいいじゃん」
とイランことを一言。
次男が、「それ、それ」と即刻賛成。
「お前らが買え」とは言ったが
エーっ」と二人のハモリ声に思わず
「じゃー、トーサンが3分の一面倒見る」
ってわけで、一昨日妹にあげたのと同じものを買うことになってしまったという作り話のような実際にあった話です。

これです。 
エステサロンで使用されている基礎化粧品





スポンサーサイト

テーマ : アンチエイジング・若返り・シミ・シワ・たるみ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。